弁護士費用国際相続の弁護士

弁護士費用

着手金取得しようとする財産額全体に対して
~10(税別)
報酬金取得する財産額全体に対して
~20(税別)

※上記規定を適用せず調整する場合があります。
※法律相談料については、こちらをご参照ください。

見える化で不安を除去

ぜひ他事務所へ相談後に、ご連絡ください

分かりにくい現状の問題点と進行状況を書面で明快に。
弁護士サービスの場合、物品購入とは異なり、契約時には目に見える形で完成品をお渡しできません。
契約後のサービス提供過程で初めて、サービスの質を確認することになります。
事情把握や意思決定のためのミーティングで、サービスの提供にクライアントも参加します。
目に見えず、期待値で購入し、弁護士との相性で品質が左右される弁護士サービス。
サービス内容を契約前にご確認いただくため、できるだけ「見える化」して事前にお伝えしています。

ステージ不安・不明点改善策イメージ
法律相談どう戦うか法知識解説よりも、
どうすべきかの戦略明示
最終の結論選択肢の解説に終始×、
意見の押し付け×
複数の選択肢と最善策を明示
抽象的説明グラスボードで説明を視覚化(図や表)
理解不十分複雑事案で、問題点と選択肢、提案を書面化
見直せる形に残す
未解決の問題点リサーチ結果を書面で追加報告
継続相談
(状況変化が予定)
次回相談や次回連絡を予約
契約サービスの質諸々の見える化で事前確認
周辺問題弊所が窓口となりワンストップ化
今後の裁判手続きnagatacho裁判大全で説明
受任後の対応初動を重視し、即座に受任通知を送付
ミーティング趣旨不明議題を事前に明確化
結局どうするか選択肢の解説に終始×、意見の押し付け×
複数の選択肢と最善策を明示
抽象的説明グラスボードで説明を視覚化(図や表)
記憶の保持複雑事案で、問題点と選択肢、提案を書面化
見直せる形に残す
裁判書面意見反映決済の徹底・ミーティングの活用で、
事前に完全把握
裁判期日欠席でも状況把握逐語調の期日報告書で、
裁判官・相手弁護士の発言ニュアンスを忠実再現
PAGE TOP

報酬以外のコスト削減

委任内容+αの対応に努めて、
クライアントの時間的・精神的コストを受任直後から下げます。

時間的コスト
コスト例弊所適宜対応コスト減効果
裁判期日への出席代行(クランアント欠席)有給休暇1日分
期日報告書作成有給休暇1日分
証拠・書類裁判資料の収集代行数日~数週間 数十万円分の報酬
関係者・機関への連絡代行数時間~数日
作成書面の手間ドラフト案から作成数時間~数日
遠方からの来所電話会議・スカイプ会議半日
目的が不明確なミーティング事前に議題を明示数時間
関係者からの問い合わせ窓口接触遮断・窓口担当半日
精神的コスト
コスト例弊所適宜対応コスト減効果
クレーマー・モンスターからの威圧接触遮断・窓口担当責められるストレス
マスコミの取材攻勢接触遮断・窓口担当名誉・プライバシー損失
クライアントの意向軽視リスク説明のうえで意向反映したかった主張ができない悔い
先が見えない次の予定明示待ち時間ストレス
(数週間から数か月)、準備不足
何が起きているかわからないホウレンソウの徹底 
膠着状態でも定期連絡
状況把握できないストレス
はじめての裁判で不安「こうすべき」と
具体的アドバイス
「ケースバイケース」を
繰り返されるストレス
結局どうすべきか
不明なアドバイス
アドバイスを書面で可視化アドバイスを受けた後の混乱
いつ何が起きるかわからない24時間365日のメール 
携帯電話対応
休日の不測事態への対応不能
いつ対応してくれるか即日以上の即座対応待ち時間ストレス
(数週間から数か月)
この問題を相談してもよいか受任外事項にもできる範囲で対応疑問点や問題点が
解決されないストレス

裁判に勝つためのnagatacho立体式裁判ファイル

裁判の過程がわかる。裁判に参加できる。最良の結果を勝ち取ることができる。

無関心なクライアントと説明しない弁護士

クライアントへの説明を放棄する弁護士は、少なくありません。
裁判の現状を把握できないクライアントは、弁護士に疑問点を質問することもできません。
弁護士に裁判を依頼したイコール弁護士に丸投げになりがちなのです。
しかし自分の裁判に参加もせずに、最良の裁判結果を出すことができるでしょうか。
クライアントが裁判の現況を理解し裁判に参加するからこそ、弁護士は適切な訴訟活動により最良の結果を勝ち取ることができるのです。
事情に最も明るく証拠をすべて持つクライアントが参加しなければ、弁護士だけで裁判を最後まで戦うことはできないのです。

コミュニケーションの前提となる裁判書面

クライアントとのコミュニケーション不足は、弁護士の訴訟活動の質を大きく落とします。クライアントの協力なしには、ベストな訴訟遂行はできないからです。
背景事情に関する情報や証拠資料を、弁護士はもともと持っていません。クライアントから話を聞き、資料の提供を受けてはじめて、弁護士は最良の裁判結果を出しうるのです。
クライアントと弁護士が整理された裁判書面を共有することこそが、コミュニケーションの大前提です。

裁判書面の適切なファイリングの効用

裁判書面を両者が共有することは、簡単ではありません。
訴状や準備書面、期日報告書などの裁判書面は、裁判が進展するにつれて増えていきます。
書面を提供しない弁護士。書面を紛失するクライアント。クリアファイルからはみ出て角が曲がった書類。無造作に閉じただけのファイル。
裁判書面のファイリングは本来、原告の提出書面や証拠、被告の提出書面や証拠、期日報告書、連絡記録、その他資料などに分け、それぞれがバラバラに提出されても、適切な場所に適宜ファイリングしていくものです。
整理された裁判書面がクライアントの手元にあるからこそ、ミーティングも合理的に進められます。「被告提出の第4準備書面5頁で引用する乙14号証に押されている印鑑の印影」が問題になっていても、素早く裁判書面を参照できるのです。

裁判を把握し裁判に参加できるnagatacho立体式裁判ファイル

裁判の進行に従って順不同でランダムに増えていく裁判書面。
大量の裁判書面を適切に整理するには、裁判や法律に関する知識経験が必要であるうえ、多忙なクライアントが細かい書面を逐一、整理することは難しいでしょう。通常の裁判ファイルは、提出書類を細かく分けずに時系列で閉じるものが多く、最初から通読するには良いのですが、インデックスが明確ではないので検索性で大きく劣ります。証拠や証拠説明書、期日報告書も閉じていくと未分類の書面が混在するので、裁判を十分に把握している弁護士でなければ非常に使いにくいものになっています。
nagatacho立体式裁判ファイルは、当事者や資料別に分界紙で分けたうえで、さらに各当事者のなかで主張書面と証拠資料などを分け、書類が更新されるごとに該当箇所にファイルする独自のものです。立体的に書類を整理するため、複数当事者訴訟などの複雑事案でも対応ができます。
nagatacho立体式裁判ファイルがあれば、裁判書面の合理的な整理が可能になり、裁判の現況を的確に把握することができるうえ、弊所のご報告や弁護士とのミーティングに際して、どの書面のどの頁が問題になっているかを即座に把握でき、裁判に参加することにつながります。
裁判に参加できれば、最良の結果を勝ち取る可能性が高まります。

ファイルするだけで完成

弊所では、原告提出書面、原告提出証拠、被告提出書面、被告提出証拠、期日報告書、その他書面などと分けてファイルを作成し、各書面が更新されるたびに、クライアントにメールやファックスで即座に報告すると同時に、ファイリングについての説明とともにインデックスの付された更新書面を郵送します。
そのままファイルするだけで、nagatacho立体式裁判ファイルができます。

nagatacho立体式裁判ファイルの
つくりかたはこちら※閲覧には専用のパスワードが必要です

弁護士への依頼時によくある質問

弁護士への依頼について
遠方に住んでいますが事件を依頼できますか?
遠方の方の事件も問題なくお受けできます。
電話会議などを利用して裁判所に出向かずに進められることもありますので、裁判所から離れた場所の弁護士に依頼する不利益が無くなりました。
裁判所の場所から近い弁護士よりも、むしろ相談に行きやすい場所の弁護士に依頼するということも合理的かと思います。もっといえば、相談しやすい弁護士に依頼することの方が重要かもしれません。近くの弁護士に委任しても、相性が合わずに相談しにくいようでは、頻繁に相談をすることはできません。込み入った事情を近所の弁護士に話したくない方もいます。
弊所では東北や九州など遠方の事件でもクライアントとの連絡を頻繁にとり、適宜、スカイプ会議や電話会議を利用してミーティングを進めています。
相手に弁護士が付いていない段階で弁護士に依頼することはできますか?
はい。もちろん可能です。
モメている紛争案件で最終的に弁護士が就く場合、結果的には双方ともに弁護士が就くことが多く、どちらが先に弁護士に頼むかの問題でしかありません。
相手が連絡を無視しています。このような状態でも弁護士に依頼することはできますか?
もちろんご依頼いただくことは可能です。
相手が連絡を無視している理由にもよりますが、このままでは話し合いは進展しません。
対立当事者の対応義務が生じる状態に持っていく必要があります。
のらりくらりと交わされて困っていたら、弁護士に依頼することで状況を一変できることもあります。
すでに弁護士に依頼しているのですが、相性がよくありません。途中で弁護士を替えたいと思っているのですが依頼できますか。
もちろんご依頼いただくことは可能です。弊所でお受けする事件の多くが弁護士乗り換え案件です。
頻繁に弁護士を替えることはお勧めしませんが、弁護士乗り換えは珍しくありません。誰にも気兼ねすることなく、ご自身にとって納得のいく弁護士に依頼して相手方と戦うべきです。
途中で弁護士を替えることができるのはわかりましたが、今の弁護士に解約の話をするのは気まずいです。
今の弁護士に対する連絡は、クライアントに代わり弊所が行いますのでご安心ください。
弁護士同士ですと、感情的なやりとりはありませんから、比較的スムーズに引継ぎを行うことができます。
失礼がないように丁寧にご説明しますから、クライアントに精神的負担がかかることはありません。
弁護士に依頼すると何が変わりますか。
一方当事者に弁護士が就くことにより、他方当事者にも弁護士が就く可能性が高まります。代理人同士で話し合うことで閉塞状況を打破でき、合理的な話し合いになる可能性もあります。
モンスタークレーマーに振り回される、ファミハラから解放される、相手の弁護士の不合理な追及から逃れられる、話し合いを合理的に進めることができるなどの効果も期待できます。
訴訟提起に必要な書類を取り寄せています。この段階でも弁護士に依頼はできますか?
もちろんご依頼いただくことは可能です。
書類の取得については、弊所にて無料で代行しています。
行政書士に依頼する場合には数十万円の費用がかかることもありますし、弁護士事務所でも書類取得手続きは代行しないか、費用を徴収するのが一般的です。
最終的に弊所にご依頼いただく場合には、早期にご依頼いただく方がコスト面で有利です。
担当弁護士を指定することはできますか?
弊所ではパートナー弁護士がすべての案件を担当しています。
パートナー弁護士が最も、弊所が考える最良の方法を実現することができ、適切な経験を蓄積しているからです。
パートナー弁護士をサポートするアソシエイト弁護士・担当スタッフがクライアント毎に専属で就きます。パートナー弁護士が事件をリードしつつ、パートナー弁護士の稼働状況にかかわらず、クライアントとの間の報告連絡相談に秒速・最短でレスポンスするためです。
弁護士・スタッフの事務所全員でクライアントを全力サポートしています。
※nagatacho groupのサポート体制
段階パートナーアソシエイト担当スタッフ説明
相談前の所内ミーティングご予約の際に伺った事情を基に、問題点を抽出し、提案内容を検討
リサーチ問題となる判例や制度に関するリサーチ
相談相談メモを作成し、相談内容を明確化
契約締結(受任)パートナー弁護士が契約内容を説明
以降の進行状況報告書面送付や受領など最新状況を即座にご報告
問題点抽出相談内容から問題点を抽出し、優先順位を検討
資料集めクライアントの手を煩わせないため、資料収集は弊所が実施
リサーチ問題となる判例や制度に関するリサーチ
所内ミーティング資料やリサーチ結果を踏まえて、問題点や戦略を検討
必要に応じてスタッフも参加
仮方針決定所内ミーティングで明らかになった問題点を踏まえて、ご提案する方針を決定
仮方針に対するご報告・ご相談今後の方針をご提案
方針決定クライアントのご意向を踏まえて、最終的な方針を決定
本方針に対するご報告最終的に決定した方針をご報告
今後の流れに関するご説明今後どのように動くかについて具体的にご説明
ドラフト作成に向けてのお打ち合わせドラフトに盛り込む詳細な事情を伺い、ドラフト作業の準備に着手
ファーストドラフト法的問題点を議論しながらのドラフト作業
レビュー修正変更を多数回繰り返し、最良の最終ドラフトを作成
主張内容のみならず主張の順番や表現方法についても細かくチェック
最終ドラフト前の所内ミーティング修正変更箇所を検討し、改善点について議論
最終ドラフト表現の精度を上げ、主張漏れがないか再度確認
クライアント決済所内で作成したドラフトをクライアントに提出し、ご意向を確認
提訴・書面提出スタッフと連携して必要書類を揃え、速やかに訴状・書面を提出
裁判期日前の所内ミーティング裁判での主張内容や提出書面の確認
裁判期日所内で検討しクライアントに確認いただいた主張内容を裁判官や相手方代理人に対し主張
裁判のご報告期日でのやりとりを逐語形式で記載して、期日の様子を再現
次回裁判期日に向けてのお打ち合わせ主張内容や和解案の検討、提出すべき証拠の選定
判 決判決内容をご報告し、上訴の有無や今後の対応についてご提案
最終のご報告活動全般についてのご報告
他の事務所と共同で事件を依頼することはできますか。
申し訳ございませんが、他の事務所と共同でのご依頼はお断りしております。
事務所間で主張や対応方法に関する意見が対立することも考えられるため、クライアントが両事務所間で板挟みになってしまうのを避けるべきと考えるからです。
複数の事務所で迷われている方は、じっくりと検討したうえで、1つの事務所を選択することをお勧めします。
PAGE TOP
©2014 国際相続の弁護士 All Rights Reserved